出典:デジタル大辞泉(小学館)

スロベニア中西部の町。セルシュチツァ川とポリャンシュニツァ川の合流点に位置する。神聖ローマ皇帝オットー2世から同地の司教に土地を与えられたことに起源する。中世には水運の要所として栄えた。15世紀と17世紀の大地震で被害を受けたが、中世の面影を残す古い街並みが残っている。