出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代以降、皇族・大臣や功労ある公卿などを優遇するために設けた称号。太皇太后宮皇太后宮皇后宮の三宮に準じて、年官・年爵・封戸 (ふご) を給したもの。のちには名誉称号となって、江戸末期まで存続。准三后 (じゅさんごう) 。准后 (じゅごう) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉