• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

年給の一。平安時代以降、天皇上皇三后 (さんこう) 東宮親王公卿などの所得とするために、毎年の除目 (じもく) に際して、一定数の任官希望者を募って推薦させ、名目だけの地方官や京官を任命して、任命された者にその任料を納めさせた制度。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉