《「てんおう」の連声 (れんじょう) 

  1. 日本国憲法で定められた日本国および日本国民統合の象徴。その地位は国民の総意に基づくとされ、一定の国事行為だけを行い、国政に関する権能をもたない。皇位は世襲とされ、男系の男子によって継承される。明治憲法では、国の元首として統治権を総攬 (そうらん) する地位にあった。

  1. その世界・分野で強大な権力をもつ人のこと。「財界の天皇」

  1. 皇帝天子の尊称。

[補説]もと、中国から取り入れた称号で、古く大和朝廷時代の大王 (おおきみ) が用い、「すめらみこと」「すべろぎ」などと訓じた。奈良時代から平安時代にかけて政治・祭祀の頂点として絶大な権力を有したが、摂関政治院政武家の台頭により次第に政治的な権能を失う。室町時代には廃絶する宮中祭祀も多く、その地位は著しく低下したが、江戸時代末に尊王論が盛んとなり、王政復古明治憲法における天皇制へとつながった。

出典:青空文庫

出典:gooニュース