しゅ‐ぜん【主膳】 の意味

  1. 宮内庁管理部大膳課の職員。食品の調達、食器の管理、会食時の準備などをつかさどる。
  1. 律令制で、宮中の食膳のことをつかさどった職。かしわで。

しゅ‐ぜん【主膳】の慣用句

  1. しゅぜんげん【主膳監】
    • 律令制で、東宮坊に属し、坊中の膳部をつかさどった役所。みこのかしわでのつかさ。しゅぜんかん。