出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「じょうろう(上﨟)」の音変化か》

[名]
  1. 遊郭で、遊客と枕をともにした女。遊女。おいらん。娼妓 (しょうぎ) 。じょろ。

  1. 若い女。また、一般に女性。婦人。じょろ。

    1. 「都めきたる―の、二十二、三なるが」〈浮・諸国ばなし・二〉

  1. 大名の奥向きに勤める女房や局 (つぼね) 。

    1. 「さる大名の北の御方に召し使はれて、日の目もつひに見給はぬ―たちや」〈浮・一代男・四〉

[接尾]女性の名前に付けて、軽い敬意や親密の情を表す。
    1. 「これ申しおふぢ―、迎ひに来ました」〈浄・堀川波鼓