1. オミナエシ科の多年草。日当たりのよい山野に生え、高さ約1メートル。葉は羽状に裂けていて、対生する。夏の終わりから秋に、黄色の小花を多数傘状につける。秋の七草の一。漢方で根を敗醤 (はいしょう) といい、利尿剤とする。おみなめし。 秋》「ひょろひょろと猶露けしや―/芭蕉

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は縦糸が青、横糸が黄、裏は青。または、表は黄、裏は萌葱 (もえぎ) 。7、8月ごろに用いる。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:青空文庫