出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形シク]《「稜威 (いつ) 奇 (く) し」の意という》
  1. 神や天皇または貴人の威力が強く激しいさま。いかめしくおごそかである。

    1. 「そらみつ大和の国は皇神 (すめがみ) の―・しき国」〈・八九四〉

  1. 容姿に気品があるさま。端正であるさま。

    1. 「―・しき男子をまうけけり」〈伽・一寸法師

  1. 《室町時代ごろから「うつくし」と混同して用いられて》美しい。きれい。

    1. 「卯の花の…垣根に咲き乱れたるは、―・しうおもしろければ」〈仮・露殿・下〉