出典:デジタル大辞泉(小学館)

大腸菌のうち、下痢や合併症を引き起こす病原性大腸菌の一種。毒力の強いベロ毒素(志賀毒素群毒素)を産生し、激しい下痢や腹痛、血便などの諸症状を引き起こす。子供や高齢者では溶血性尿毒症などの合併症を起こしやすい。菌の細胞壁鞭毛にある抗原の種類によって分類され、O157O111などがある。食品摂取による感染や動物との接触による感染などが確認されているが、十分な加熱や消毒による予防が有効とされる。ベロ毒素産生性大腸菌。EHEC(enterohaemorrhagic Escherichia coli)。