出典:デジタル大辞泉(小学館)

連歌の異称。日本武尊 (やまとたけるのみこと) 筑波を過ぎて甲斐国の酒折 (さかおり) の宮に着いたとき、「新治 (にひばり) 筑波を過ぎて幾夜か寝つる」と歌ったのに対し、火ともしの翁 (おきな) が「かがなべて夜には九夜 (ここのよ) 日には十日を」と答えたという故事が、連歌の起こりとされたところからいう。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉