出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良市にある律宗の総本山。開創は天平宝字3年(759)、鑑真 (がんじん) の開山で、ここに戒壇を設け律宗の根本道場とした。金堂、平城宮の朝集殿を移築した講堂、経蔵・宝蔵などは奈良時代の建物で国宝。薬師如来像・鑑真和上 (わじょう) 坐像(国宝)のほか多数の文化財を所蔵。平成10年(1998)「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。招提寺。

出典:gooニュース