出典:デジタル大辞泉(小学館)

地方公共団体が他の租税とは関係なく、独立に税目を立てて課する租税。第二次大戦前の地方税付加税を中心としていたが、戦後はシャウプ勧告に基づいて独立税となった。