出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本神話で、天照大神 (あまてらすおおみかみ) の孫。天忍穂耳尊 (あまのおしほみみのみこと) の子。天照大神の命令で、葦原の中つ国を統治するため、高天原 (たかまがはら) から日向 (ひゅうが) 高千穂峰に天降ったとされる。木花開耶姫 (このはなのさくやびめ) を妻とし、彦火火出見尊 (ひこほほでみのみこと) を生んだ。天津彦彦火瓊瓊杵尊 (あまつひこひこほのににぎのみこと) 。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉