• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本神話で、瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと) の子。母は木花開耶姫 (このはなのさくやびめ) 。山幸彦の名で知られ、海神の娘豊玉姫 (とよたまひめ) と結婚して鸕鷀草葺不合尊 (うがやふきあえずのみこと) をもうけた。火遠理命 (ほおりのみこと) 。天津日高日子穂穂出見命 (あまつひこひこほほでみのみこと) 。→海幸山幸 (うみさちやまさち)