にん‐たい【忍耐】例文一覧 30件

  1. ・・・どうかあなたの下部、オルガンティノに、勇気と忍耐とを御授け下さい。――」 その時ふとオルガンティノは、鶏の鳴き声を聞いたように思った。が、それには注意もせず、さらにこう祈祷の言葉を続けた。「私は使命を果すためには、この国の山川に潜ん・・・<芥川竜之介「神神の微笑」青空文庫>
  2. ・・・しかし兄に僕の近況を報ずるとなると、まずこんなことを報ずるよりほかに事件らしい事件を持ち合わさない僕のことだから、兄の方で忍耐してそれを読むほかに策はあるまい。 僕の言ったことに対してとにかく親切な批評を与えたのは堺氏と片山氏とだった。・・・<有島武郎「片信」青空文庫>
  3. ・・・ 僕はその大エネルギと絶対忍耐性とを身にしみ込むほど羨ましく思ったが、死に至るまで古典的な態度をもって安心していたのを物足りないように思った。デカダンはむしろ不安を不安のままに出発するのだ。 こんな理屈ッぽい考えを浮べながら筆を走ら・・・<岩野泡鳴「耽溺」青空文庫>
  4. ・・・自由宗教より来る熱誠と忍耐と、これに加うるに大樅、小樅の不思議なる能力とによりて、彼らの荒れたる国を挽回したのであります。 ダルガスの他の事業について私は今ここに語るの時をもちません。彼はいかにして砂地を田園に化せしか、いかにして沼地の・・・<内村鑑三「デンマルク国の話」青空文庫>
  5. ・・・そんなときは、少年は気恥ずかしい思いがして、穴の中へでも入りたいような気がしましたが、早く温泉場へいって、病気をなおしてから働くということを考えると、恥ずかしいのも忘れて、どんなつらいことも忍耐をする勇気が起こったのです。 こうしておお・・・<小川未明「石をのせた車」青空文庫>
  6. ・・・眠ることの出来ない孤独の我が心を、昵として淋しくしているだけの忍耐が出来なかった。 其処で、私は、眠ている祖母の傍に行って揺って起こそうとした。すると母は、『お前、昼眠をせんで起きているのか、頭に悪いから斯様熱いのに外へは出られんから少・・・<小川未明「感覚の回生」青空文庫>
  7. ・・・ただ注意することは、第一に、なにごとも忍耐だ。つぎに、男子というものは、心に思ったことは、はきはきと返事をすることを忘れてはならぬ。これは、使われるものの心得おくべきことだ。」といわれたのでした。 賢一は、老先生のお言葉をありがたく思い・・・<小川未明「空晴れて」青空文庫>
  8. ・・・その感情に表裏がなく、一たび恩を感ずれば、到底人間の及ばぬ忍耐と忠実とを示して来たのであります。そこには、ただ本能としてのみ看過されないものがある。これに比して人間は、ただ利害によって彼等を裏切ることをなんとも思っていない。それは、自己防衛・・・<小川未明「天を怖れよ」青空文庫>
  9. ・・・が、それにはよほどの熱誠と忍耐とがいるものだ。 が、それにもかかわらずどうしてもうまくいかぬことがある。これが失恋のひとつの場合である。その淋しさはいうまでもない。この寂寥を経験した人は実に多い。 それから誓いあった相手に裏切られた・・・<倉田百三「学生と生活」青空文庫>
  10. ・・・ 君臣、師弟、朋友の結合も素より忍耐と操持とをもってではあるが終わりを全うするものもあるのであって、かような有終の美こそ実に心にくきものである。自分の如きは一生を回顧して中絶した人倫関係の少なくないのを嘆かずにはいられない。それはやはり・・・<倉田百三「人生における離合について」青空文庫>
  11. ・・・ 恩給がほしさに、すべてを軍隊で忍耐している。そんな看護長だった。恩給のことなら百科辞典以上に知りぬいていた。「一等卒。」「ま、五項症に相当するとして……増加がついて二百二十円か。」 足のさきから腰まで樋のような副木にからみ・・・<黒島伝治「氷河」青空文庫>
  12. ・・・為吉はどこまでも落ちついて忍耐強かった。朝早くから、晩におそくまで田畑で働き、夜は、欠かさず夜なべをした。一銭でも借金を少くしたかったのである。 おしかはぶつ/\云い乍らも、為吉が夜なべをつゞけていると、それを放っておいて寝るようなこと・・・<黒島伝治「老夫婦」青空文庫>
  13. ・・・で歩くのであるから、忍耐忍耐しきれなくなって怖くもなって来れば悲しくもなって来る、とうとう眼を凹ませて死にそうになって家へ帰って、物置の隅で人知れず三時間も寐てその疲労を癒したのであった。そこでその四五日は雁坂の山を望んでは、ああとてもあ・・・<幸田露伴「雁坂越」青空文庫>
  14. ・・・千の主張よりも、一つの忍耐。」「いや、千の知識よりも、一つの行動。」「そうして君に出来る唯一の行動は、まっぱだかで人喰い川を泳ぐだけのものじゃないか。ぶんを知らなくちゃいけない。」私は、勝ったと思った。「さっきは、あれは、特別な・・・<太宰治「乞食学生」青空文庫>
  15. ・・・「ひとの忍耐にも限りがある。一体、それは何だね。」「ネロの伝記だ。暴君ネロ。あいつだって、そんなに悪い奴でも無かったのさ。」不覚にも蒼ざめている。美濃は自身のその興奮に気づいて、無理に、にやにや笑いだした。「これから面白くなるのだがな。・・・<太宰治「古典風」青空文庫>
  16. ・・・じゃあ、忍耐。」「むずかしいのねえ、私は、苦労。」「向上心。」「デカダン。」「おとといのお天気。」「私。」Kである。「僕。」「じゃあ、私も、――私。」火が消えた。芸者のまけである。「だって、むずかしいんだもの・・・<太宰治「秋風記」青空文庫>
  17. ・・・元来、私は、木村氏でも神崎氏でも、また韓信の場合にしても、その忍耐心に対して感心するよりは、あのひとたちが、それぞれの無頼漢に対して抱いていた無言の底知れぬ軽蔑感を考えて、かえってイヤミなキザなものしか感じる事が出来なかったのである。よく居・・・<太宰治「親友交歓」青空文庫>
  18. ・・・ある先生方からは研究に対する根気と忍耐と誠実とを授けられた。熱と根気さえあれば白痴でない限り誰でもいくらかの貢献を科学の世界に齎し得るものであるという確信を、先生や先輩に授けられたことが一番尊い賜物であるように思われる。 科学の知識はそ・・・<寺田寅彦「雑感」青空文庫>
  19. ・・・これを製作する監督、またそれを享楽する映画ファンの忍耐心の強いのは驚嘆すべきものである。そうしてまた、あれだけ大勢があれだけ多数の大刀を振廻わして、そうして誰も怪我をしないようにするという芸術はおそらく世界にユニークなものであろう。そう思っ・・・<寺田寅彦「雑記帳より(1[#「1」はローマ数字、1-13-21])」青空文庫>
  20. ・・・実験を授ける効果はただ若干の事実をよく理解し記憶させるというだけではなく、これによって生徒の自発的研究心を喚起し、観察力を練り、また困難に遭遇してもひるまずこれに打勝つ忍耐の習慣も養い、困難に打勝った時の愉快をも味わわしめる事が出来る。その・・・<寺田寅彦「物理学実験の教授について」青空文庫>
  21. ・・・それにもかかわらず、先生が十年の歳月と、十年の精力と、同じく十年の忍耐を傾け尽して、悉くこれをこの一書の中に注ぎ込んだ過去の苦心談は、先生の愛弟子山県五十雄君から精しく聞いて知っている。先生は稿を起すに当って、殆んどあらゆる国語で出版された・・・<夏目漱石「博士問題とマードック先生と余」青空文庫>
  22. ・・・之を喩えば人を密室に幽囚し、火を撮ませ熱湯を呑ませて、苦し熱しと一声すれば、則ち之を叱して忍耐に乏しき敗徳なりと言うに異ならず。知るや知らずや、其不平は人を謗るにも非ず、物妬むにも非ず、唯是れ婦人自身の権利を護らんとするの一心のみ。其心中の・・・<福沢諭吉「女大学評論」青空文庫>
  23. ・・・政談の一方に向うて、いやしくも政を語る者は他の尊敬を蒙り、またしたがって衣食の道にも近くして、身を起すに容易なるその最中に、自家の学問社会をかえりみれば、生計得べきの路なきのみならず、蛍雪幾年の辛苦を忍耐するも、学者なりとして敬愛する人さえ・・・<福沢諭吉「学問の独立」青空文庫>
  24. ・・・如何となれば、書生の勉強、僧侶の眠食は身体の苦痛にして、寡慾、正直、深切の如きは精神の忍耐、即ち一方よりいえばその苦痛なればなり。 されば私徳を大切にするその中についても、両性の交際を厳にして徹頭徹尾潔清の節を守り、俯仰天地に愧ずること・・・<福沢諭吉「日本男子論」青空文庫>
  25. ・・・これらの婦人作家は、みな少女時代から辛苦の多い勤労の生活をして来て、やがて妻となり母となり、本当に女として生きてゆく希望、よろこび、その涙と忍耐とを文学作品に表現しようとして来た人々なのである。 戦争の永い間、私たちは声を奪われ、文字を・・・<宮本百合子「明日咲く花」青空文庫>
  26. ・・・前線へもゆきたがる作家を、陸軍の従軍報道班の人々は忍耐をもって、適当に案内し、見聞させ「戦争がその姿をあらわして来た」と亢奮をも味わせている。軍人は戦い、そして勝たなければならないという明瞭な目的によって貫かれている。居留民はそこにおける地・・・<宮本百合子「明日の言葉」青空文庫>
  27. ・・・互の忍耐もいり、我ままを愛の表現と思わない決心がいる――「スタイル」の愛の技巧とは全くちがった聰明がいります。 若い一組がうまくゆかないということは、やっぱり男の人に、女は家にいる方がいいという便宜的な必要が強く影響するからの結果もある・・・<宮本百合子「新しい抵抗について」青空文庫>
  28. ・・・少なからぬ困難が予想されるが、私は読者の忍耐と誠意と自身の熱意とに信頼して、この仕事をやって見る。この人生に明らかな知性と豊かで健全な人間的情熱の発動を熱望する一人の作家が、今日の現実を見る勉強としてやって見るつもりである。日本文学史全巻を・・・<宮本百合子「意味深き今日の日本文学の相貌を」青空文庫>
  29. ・・・しかしもし商人が資本をおろし財利を謀るように、お佐代さんが労苦と忍耐とを夫に提供して、まだ報酬を得ぬうちに亡くなったのだと言うなら、わたくしは不敏にしてそれに同意することが出来ない。 お佐代さんは必ずや未来に何物をか望んでいただろう。そ・・・<森鴎外「安井夫人」青空文庫>
  30. ・・・岩壁に突き当たって跳ね返えされる痛苦を、歯を食いしばって忍耐する勇気である。我々の血は小さい心臓の内に沸き返っている。我々の筋肉は痛苦の刺激によって緊張を増す。この昇騰の努力を表現しようとする情熱こそは、我々が人類に対する愛の最も大きい仕事・・・<和辻哲郎「創作の心理について」青空文庫>