出典:デジタル大辞泉(小学館)

外郎1を売り歩く商人。
歌舞伎十八番の一。享保3年(1718)江戸森田座の「若緑勢曽我 (わかみどりいきおいそが) 」で2世市川団十郎が初演。外郎売りが妙薬の由来や効能を雄弁に述べるもので、のち「助六」に吸収された。