ばち‐かわ〔‐かは〕【×撥皮/×撥革】 の意味

  1. 三味線や琵琶の、撥の当たる部分に重ねて貼 (は) った小さい半円形の皮。