出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治24年(1891)から翌年にかけて、坪内逍遥と森鴎外との間で行われた文学論争。逍遥の没理想に対して、鴎外は理想なくして文学なしと応酬した。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉