出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「またけ」とも》イネ科の竹。高さ約20メートル。茎は太く、節に環状の突起が二つある。節から枝が2本出て、5、6枚の葉が手のひら状につく。夏に出る竹の子を食用とし、やや苦味があり、皮は平滑で黒い斑紋がある。茎を竹刀 (しない) ・弓・尺八・物差しや建材に利用。中国の原産。にがたけ。からたけ。かわたけ。

[生物/植物名]カテゴリの言葉