出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《形容詞「よろしい」の連用形から》
  1. ちょうどよいぐあいに。程よく。適当に。「宜しく取り計らってくれ」「今ごろあの二人は宜しくやってるよ」

  1. 人に好意を示したり、何かを頼んだりするときに添える語。「宜しく御指導下さい」「宜しくお願いいたします」

  1. 「よろしくお伝えください」の意で、別の人への好意を伝えてもらうときに用いる語。「お父さんに宜しく」

  1. 《「宜」の漢文訓読語から》(「よろしく…べし」の形で)当然。ぜひとも。「宜しく一層の勉学に励むべし」

  1. 上の内容を受けて、いかにもそれらしく、の意を表す。「喜劇俳優宜しくおどけてみせる」

出典:青空文庫