出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《武蔵野に生えていたムラサキの根を染料として江戸で染めはじめたところから》藍色の勝った紫色。江戸を代表する染め色とされた。「江戸紫に京鹿 (が) の子」

  1. ムラサキの別名。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉