出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ドイツ)Die Schicksale Doktor Bürgersカロッサの自伝的中編小説。1930年刊行。1913年発表の処女小説「ドクトル・ビュルガーの最後(Doktor Bürgers Ende)」を改作したもので、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」の現代版とも評される。