出典:デジタル大辞泉(小学館)

中性子が物質と衝突した際、相互作用によってその進行方向が変化する現象。特に運動エネルギーが低い熱中性子冷中性子が起こす中性子回折から、結晶構造の解析が可能となる。X線回折と異なり、水素などの軽元素磁性体の磁気構造などの解析に利用される。