出典:デジタル大辞泉(小学館)

真言宗事相 (じそう) における東密二流の一。平安初期の僧聖宝 (しょうぼう) を祖とし、その弟子仁海 (にんかい) が山城国小野に曼荼羅 (まんだら) 寺(随心院の旧称)を建て、この流儀を広めた。→広沢流 (ひろさわりゅう) 

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉