出典:デジタル大辞泉(小学館)

目溢し」の尊敬語。「恐れながらお目溢しのほどを」