出典:デジタル大辞泉

古く東国地方で、風俗歌に合わせて行われた民俗舞踊。平安時代から、宮廷・貴族・神社の間で神事舞の一つとして演じられた。歌方 (うたいかた) は笏拍子 (しゃくびょうし) を持ち、笛・篳篥 (ひちりき) 和琴 (わごん) の伴奏で歌い、四人または六人の舞人が近衛 (このえ) の武官の正装などをして舞う。現在は宮中や神社の祭礼で行われる。東舞 (あずままい) 。