出典:デジタル大辞泉(小学館)

大阪府河内長野市寺本町にある高野山真言宗の寺。山号は檜尾 (ひのお) 山。大宝年間(701~704)役小角 (えんのおづの) の創建と伝える。はじめ雲心寺と称したが、弘仁年間(810~824)空海が再興し、観心寺と改める。貞観11年(869)清和天皇勅願の定額寺。のちに後醍醐 (ごだいご) 天皇の尊信を得たため、南朝文書を多数所蔵する。楠木氏の菩提寺。金堂・如意輪観音像・観心寺縁起資材帳は国宝。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉