出典:デジタル大辞泉(小学館)

アイルランド中部の町アスローンの南方、シャノン川岸にある修道院跡。6世紀半ばに聖キアランが建てた教会に起源する。7世紀から13世紀にかけて同国における初期キリスト教の中心地として栄え、16世紀に英国軍により破壊された。現在、大聖堂、七つの教会、二つの塔、三つのケルト十字などの遺跡が残る。