出典:デジタル大辞泉(小学館)

朝廷の儀式のとき、束帯姿の天皇が着座した、いす。普通は紫宸殿 (ししんでん) 清涼殿の殿上の間とに置かれた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉