1. 《「でんじょう」とも》宮殿、または殿堂の上。

  1. 宮中。禁中。

  1. 殿上の間 (ま) 」の略。

  1. 2のことをつかさどるところから》蔵人所 (くろうどどころ) の異称。

  1. 殿上の間に昇ること。また、それを許されること。昇殿。

    1. 「来年は帰り上りて―して、五位の蔵人になりて」〈狭衣・一〉

  1. 殿上人 (てんじょうびと) 」の略。

    1. 「―の逍遥侍りしとき、さらなり」〈大鏡・伊尹〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫