出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「これぐらい」とも。副詞的にも用いる》

  1. 数量などが、示されたものとほぼ同じ程度であること。この程度。「―の大きさ」「―あれば大丈夫だろう」

  1. 物事の程度を軽視して、また、強調していうときに用いる語。「―の熱はなんでもない」「―食べられるだろう」