出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動](スル)
  1. 細かいところまで心を配ること。また、そのさま。「細心な(の)注意を払う」「細心に事を運ぶ」

    1. 「かく―して組み立てたるを、まことの名作とはいうなり」〈鴎外訳・即興詩人

  1. 気が小さいこと。また、そのさま。小心。

    1. 「よわよわしい、―らしい、腰のひくそうな、恰好」〈宇野浩二・晴れたり君よ〉

[派生]さいしんさ[名]