出典:デジタル大辞泉(小学館)

サトイモ科の多年草。茎はほとんど伸びず、葉は高さ約1メートルの柄をもち、大きい卵円形。夏にまれに花が咲き、淡黄色の細長い仏炎苞 (ぶつえんほう) で包まれた雄花と雌花をつける。球茎と葉柄を食用にする。熱帯アジアの原産で、栽培され多くの品種がある。いえのいも。はたけいも。たいも。

[補説]サトイモ科の単子葉植物にはサトイモ・コンニャクミズバショウなど約2000種があり、主に熱帯地域に分布。花は花軸が多肉質となり、柄のない花が多数密生した肉穂花序 (にくすいかじょ) で、仏炎苞 (ぶつえんほう) に包まれる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース