出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌舞伎狂言世話物。7幕。河竹黙阿弥作。万延元年(1860)江戸市村座初演。和尚吉三お坊吉三お嬢吉三が、百両の金と短刀とをめぐる因果応報で刺し違えて死ぬまでを描く。別名題「三人吉三巴白浪 (ともえのしらなみ) 」。通称「三人吉三」。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉