出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、主殺し・親殺し・関所破りなどの重罪人で、判決以前に死亡した者の死骸を塩詰めにしたこと。判決後、磔 (はりつけ) にした。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉