じそん‐しん【自尊心】 の意味

  1. 自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。「自尊心を傷つけられる」
  • 名詞
  • じそん‐しん【自尊心】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、その位のことの為に自殺するのは彼の自尊心には痛手だった。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • ・・・この疑問は彼の自尊心に多少の不快を感じさせた。

      芥川竜之介「少年」

    • ・・・三日間尾行するよりほかに物一つ言えなかった弱気のために自嘲していた豹一の自尊心は、紀代子からそんな態度に出られて、本来の面目を取り戻した。

      織田作之助「雨」