忌避/敬遠/回避 の解説 - 小学館 類語例解辞典

忌避/敬遠/回避 の共通する意味

あるものにとって好ましくないものと接触をもたないようにすること。

英語表現 evasion

国語辞書で調べる 忌避 敬遠 回避

忌避/敬遠/回避 の使い方

忌避する
▽徴兵を忌避する ▽マスコミを忌避する ▽委員会への出席を忌避する
敬遠する
▽自慢ばかりする人は敬遠される ▽学生に敬遠されている先生 ▽あの店は敬遠したい
回避する
▽危険を回避する ▽交渉の決裂は回避できない ▽スト突入を回避する

忌避/敬遠/回避 の使い分け

「忌避」は、自分で責任をもたなければならないことや、義務づけられている仕事などを、いやがって避けること。主として文章中で用いられる。
「敬遠」は、自分にとって厄介な物事や人物を表面上は敬いながら避けること。
「回避」は、あるものにとって好ましくない物事や事態を避けること。

忌避/敬遠/回避 の関連語

不可避 【名・形動】
回避することが不可能なこと。「交渉の決裂は不可避となった」

忌避/敬遠/回避 の類語対比表

テレビ出演を…する戦争を…する責任を…するうるさい上司を…する
忌避
敬遠
回避

カテゴリ

#人間の動作#対処・処理

忌避/敬遠/回避 の類語 - 日本語ワードネット

忌避 の類語

何か(敵対者とか追手とか不愉快な状況)から巧みな策略で肉体的に逃れる行為 の意

故意に、避ける; 避けるか、または起こることを防ぐ の意

するべきだが気の進まないことを(あざむきやごまかしなどの手段により)実行しないこと の意

法廷で正式な異義を唱える の意

接触がないままでいる; 離れた状態を維持する; 誰か、または何かの道の外にいる の意

意図的に避ける、あるいは離れておく; 近付かない の意

回避 の類語

何か(敵対者とか追手とか不愉快な状況)から巧みな策略で肉体的に逃れる行為 の意

故意に、避ける; 避けるか、または起こることを防ぐ の意

するべきだが気の進まないことを(あざむきやごまかしなどの手段により)実行しないこと の意

(義務、質問、または問題)の履行、回答、実行を避ける、あるいは避けようとする の意

接触がないままでいる; 離れた状態を維持する; 誰か、または何かの道の外にいる の意

意図的に避ける、あるいは離れておく; 近付かない の意

肉体的に、または精神的に、逃げる の意

何かを避けるために新しい方向へ突然に動く の意

発生を防ぐ; 起こらないようにする の意

何かをすることを控える の意

(その人の割り当てられた任務)避ける の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi