外傷/創傷/創痍 の解説 - 小学館 類語例解辞典

外傷/創傷/創痍 の共通する意味

体の外部に受けた傷。

英語表現 an external wound

国語辞書で調べる 外傷 創傷 創痍

外傷/創傷/創痍 の使い方

外傷
▽外傷を負う ▽外傷は認められない
創傷
▽背中に創傷を受ける ▽二か所に創傷を負う
創痍
▽満身創痍

外傷/創傷/創痍 の使い分け

「外傷」が最も一般に使われる。
「創傷」「創痍」は、刃物などで体に受けた傷の意であるが、文章語。特に「創痍」は、「満身創痍」以外、あまり使われない。

カテゴリ

#人間の体#病気・怪我

外傷/創傷/創痍 の類語 - 日本語ワードネット

外傷 の類語

暴行、事故または骨折などによって引き起こされる体への肉体的ダメージ の意

創傷 の類語

生体組織の損傷(特に皮膚の切り傷、ひび割れなどの怪我) の意

創痍 の類語

損傷の印 の意

生体組織の損傷(特に皮膚の切り傷、ひび割れなどの怪我) の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi