幸先/吉兆 の解説 - 小学館 類語例解辞典

幸先/吉兆 の共通する意味

めでたいことの起こるしるし。

英語表現 a good omen

国語辞書で調べる 幸先 吉兆

幸先/吉兆 の使い方

幸先
▽計画は幸先のよいスタートを切った
吉兆
▽あのときの虹(にじ)は、後の成功を知らせる吉兆だったのだ

幸先/吉兆 の使い分け

「幸先」は、いい事が起こる前兆をいうが、特にこれから何かを行おうとするときの滑り出しをさすことが多い。
「吉兆」は、「吉徴」とも書く。文章語。

幸先/吉兆 の反対語

▼吉兆⇔凶兆

幸先/吉兆 の関連語

吉相・瑞相・瑞兆・瑞祥・祥瑞・瑞光
漢字の「吉」「瑞」「祥」は、めでたいこと、またはめでたいしるし、の意、「相」「兆」は、様子、しるし、の意。「瑞光」は、めでたいことを示す光。いずれも文章語。

カテゴリ

#一生#幸運

幸先/吉兆 の類語 - 日本語ワードネット

幸先 の類語

即座に明らかにならないものの知覚できる手がかり(何かが起きたはっきりと見える手がかりとして) の意

重大なことが起こることを示すと感じられる出来事 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2022 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi