• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

秘訣(ひけつ)/こつ/便法(べんぽう)/奥の手(おくのて)

ブックマークへ登録
  1. [共通する意味]
      ★物事を処置するうえでの効果的な方法や手段。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い分け]
    • 【1】「秘訣」は、ある行為を行ううえでの最も効果的な方法で、他人や世間に広く知られていないものをいう。普通は、その行為の枝葉的部分ではなく、本質的な部分についていう。
    • 【2】「こつ」は、物事をうまく行うためのちょっとした要領。説明を読んだり聞いたりしただけでは会得できず、実際にやってみておぼえるしかないもの。「こつをのみこむ(=要領を完全に会得する)」
    • 【3】「便法」は、ある行為を行ううえでの便宜的な方法。最も効果的ではないが、その場をうまくきりぬけ、それなりの効果がある方法。
    • 【4】「奥の手」は、いざというときに使用して、大きな効果を発揮する方法。
  1. [対比表]
    …を教える商売の…料理の…生活の……を出す
    秘訣
    こつ
    便法
    奥の手
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

秘訣の類語

  • 説明するために重要な何か の意
  • 特別な集団のみに知られている情報 の意

便法の類語

  • 目的への手段; 必ずしも主義や倫理に基づいたものとは限らない の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。