• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インドネシア、スマトラ島北西端を占める州。2001年までアチェー特別州、2002年からナングロアチェーダルサラーム州、2009年から現名称になった。州都はバンダアチェー。15世紀よりイスラム教が定着し、同国の中でもイスラム信仰が強い。19世紀後半から20世紀初頭にかけてオランダに抵抗するアチェー戦争が続いた。1970年代よりインドネシアからの分離・独立を主張して内戦状態が続き、2004年のスマトラ沖地震を機に休戦。2005年に和平協定が結ばれた。