• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光学ガラスなどの透明な物質がもつ、光の分散に関する量。分散能の逆数。この量が大きいほど、波長による屈折率の変化が小さい。逆分散能。逆分散率。

[補説]可視光線フラウンホーファー線のうち、C線(波長656ナノメートル)、D線(589ナノメートル)、d線(587ナノメートル)、F線(486ナノメートル)に対する屈折率を、nC、nD、nd、nFとすると、アッベ数はνD=(nD-1)/(nF-nC)、またはνd=(nd-1)/(nF-nC)と表される。