Westminster Palace》ロンドンの中心部、テムズ川左岸に位置する宮殿。歴代の英国王の居城とされたが、その後宮殿内に上下両院の議場がもうけられ、英国の国会議事堂となる。1834年に起こった火災で大半を失うが、1860年に再建された。ビッグベンと呼ばれる時計塔はロンドンのランドマークとなっている。1987年、ウエストミンスター寺院聖マーガレット教会とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉