• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Parc national de Kahuzi-Biegaコンゴ民主共和国東部にある国立公園。カフジ山・ビエガ山の高山性熱帯雨林と、竹の密林、湿原などからなる。絶滅が危惧されているヒガシローランドゴリラの保護を目的に、1970年に国立公園に指定された。ほかに、アフリカゾウ、ライオン、チンパンジーなどが生息する。1980年、世界遺産(自然遺産)に登録されたが、ルワンダ内戦に伴い多くの難民が流入したことや、環境が悪化したことなどを理由に、1997年、危機遺産リストに登録された。