• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《環境中で、二酸化炭素の排出量と吸収量が同じであるという意、炭素中立》

  1. 植物や植物を原料とするバイオエタノールなどを燃やして出る二酸化炭素は、植物が生長過程に吸収した二酸化炭素と同量で温室効果ガスを増やすことにはならず、環境破壊にはつながらないという考え方。→バイオマス

  1. 日常生活や経済活動によって排出される温室効果ガスのうち、排出者自身の努力では削減できない分を、他の場所で達成された削減・吸収量で相殺することによって、温室効果ガスの増加が実質的にゼロになった状態。→カーボンオフセット