• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

異なる種類の導体が直列につながれ、その一方がイオン伝導を担う電解質溶液であり、両端が同じ化学組成である電気化学的な系。化学エネルギー電気エネルギーに変換して取り出す化学電池と見なせる。イタリアの解剖・生理学者ガルバーニが同様の系であるカエルの筋肉の実験を通じ、筋肉を電気の源とすると考えたが、のちにボルタが異種の金属の接触によって電位差が生じることを見出し、ボルタ電池を発明した。ガルバニ電池。