ガルバーニの解説 - 小学館 大辞泉

[1737~1798]イタリアの解剖・生理学者。カエルの足が金属と接触すると痙攣 (けいれん) が生じることを発見し、生物電気の研究や電気学に道を開いた。また、これは2種の金属による電気の発生であると批判するボルタが電池を発明する端緒となった。ガルバニ。→ガルバーニ電池ボルタ電池