トルコ南東部の都市。通称ウルファ。シリアとの国境付近に位置する。アレクサンドロス大王に命名され、紀元前よりエデッサと呼ばれた。預言者アブラハムの生誕地と聖なる魚の池は、イスラム教の聖地として知られる。また、ヒッタイト帝国以来の歴史をもつシャンルウルファ城がある。