• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ミャンマー中部の町ミングォンにある白亜の仏塔。1816年、コンバウン朝のバージードー王が即位以前に亡くなった妻を偲んで建立。仏教の世界観において、世界の中心にそびえる須弥山を表しているという。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉