• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 死の行進

  1. 長時間の残業や徹夜の業務・休日出勤などを、連日強いられること。特にソフトウエア業界などで、膨大な作業の終わりが見えない状態を「死の行進」にたとえていう。→ブラック企業

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

[IT用語]カテゴリの言葉